忍者ブログ

すっぽん小町は妊婦の疲労に効果なし?肌荒れに効かない?

妊娠中の妊婦さんがすっぽん小町を飲むとどんな効果がある?副作用の心配はない?

口コミではすっぽん小町は妊婦さんにも効果的!

妊娠中に起こりやすい様々な体調不良から身体を守ってくれたり、出産後の体調管理にも効果を発揮してくれるのがすっぽん小町です。


口コミでも、

「4日目なので効果はまだ良くわからないけど、肌のキメが細かくなってきたようなのと眠れるようになった」

「飲むとつぎの日の顔色が明るくなります。体調もいい感じがするので、続けていきたいとおもいます。」



といった感想が並んでいます。



このブログでは、妊婦さんがすっぽん小町を飲むとどんな効果が期待できるのか?赤ちゃんへの影響は?といった点をまとめています。




■ニキビ肌荒れを改善!

妊娠前後で体調が大きく変化しますが、ホルモンバランスが大きく変化してしまう影響です。赤ちゃんをお腹の中で育てるためにホルモンバランスが変わるものの、その変化に体が追いつかないため、様々な症状に悩まされがちなんです。

妊娠してから急に太りやすくなったり、血糖値や血圧が上がったりするほか、髪がパサついて抜け毛になりやすくなったり、ニキビができやすくなることもあります。



時間が経てば、こういった症状も落ち着いてくるはずなんですが、症状があまりにもひどいと、その影響が長引く危険があります。

ニキビがひどくなれば、ニキビ跡になって肌にシミが残る可能性があるし、出産後も髪の毛のボリュームが元に戻らなくなる可能性だってあります。



妊娠中にすっぽん小町を飲むことで、ホルモンバランスによる悪影響から体を守ってくれます。DHA・EPAが、ホルモンバランスの変化を中和してくれる働きがあるからです。

たとえば、体内の脂質代謝を促してくれることから、血糖値が上がるのを防いでくれるし、皮脂分泌が過剰になってしまうのも防いでくれます。



皮脂が毛穴に詰まってニキビになってしまうケースが減るし、コラーゲンの効果で肌の保湿力もアップ。肌の新陳代謝が活発になって、ニキビができにくい肌にしてくれます。


妊婦さん中には、肌色がくすんでしまう人もいるんですが、それは男性ホルモンの影響です。男性ホルモンが角質を厚くして肌内部に光が入りにくくしたり、肌の乾燥を促してメラニン色素が生成されやすくしてしまうんです。

すっぽん小町ならもちろん、男性ホルモンの悪影響から肌を守ってくれるので、肌が黒ずんでしまうのも防いでくれますよ。



■赤ちゃんにもこんな効果が!

DHA・EPAは脂肪の代謝やホルモンバランスを整える働きに優れているんですが、他にも赤ちゃんの発育にだって良い影響があります。

脳内物質の分泌も促す働きがあるので、赤ちゃんの脳の発育を促してくれます。つまり、学習能力を強化してくれる働きが期待できるんです。



脳が持っている感情をコントロールする力だって補ってくれますから、ストレスに強く、リラックスしやすい子供に育ててあげることができますよ。



■妊娠線ができにくい肌へ

出産したママさんの多くが頭を抱えやすいのが妊娠線です。妊娠中から気を付けていないとどうしても妊娠線ができやすいですが、すっぽん小町で予防効果が期待できます。

妊娠線が消えなくなってしまう原因は、肌のハリ不足です。肌から弾力が失われ、元に戻る力が低下しているため、消えなくなってしまうんです。



すっぽん小町なら、肌のハリの源であるコラーゲンを補うことができます。妊娠中は、赤ちゃんにもコラーゲンがどんどん吸収されますから、積極的に補うべき成分です。

妊娠中から、十分な肌のハリをキープしていれば、出産後に、妊娠線ができてしまったとしても、ほどなく解消することができますよ。




妊婦さんの美容を支えてくれるだけじゃなく赤ちゃんの成長も促してくれるすっぽん小町の効果を返金保証付きで試してみるにはこちら
↓↓↓









PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。